医療機器開発現場はあらゆるエンジニア・技術者を求めています

フリーエンジニアが語る医療機器開発現場

最新の記事

  • 医療機器業界の将来性 医療機器業界の将来性

    2020年には40兆円ほどの市場規模にも成長するといわれる医療機器業界は、ここ数年で多くの異業種企業も参入している大注目の分野です。健康に対する人間の欲求は尽きることがありません。

  • 異業種が多々参入している医療機器開発現場 異業種が多々参入している医療機器開発現場

    東芝、松下など、大手家電メーカーを始めとし、あらゆる業種の企業が医療機器開発へ参入しています。医療知識に限定せず、ITスキルと発想力に長けるエンジニアの需要はますます増えることが期待できます。

  • フリーエンジニアの診療予約システム開発案件 フリーエンジニアの診療予約システム開発案件

    診療予約システム開発は多くの病院が抱える課題解決に期待される分野で、待ち時間の短縮と同時に医療事務従事者の負担を軽減するものでもあります。医療現場の実情をよく理解したシステムが求められることになるでしょう。

全ての技術者にチャンスがある医療機器開発

技術力を生業とするエンジニアにとって、医療機器開発は至極やりがいのある分野と言えるでしょう。研究者や医師、専属開発者たちが牽引する医療の進歩を、ITの技術が別の形で医療を支え、補完する時代が始まり、今あらゆる分野の人々がより良い医療の実現を目指して奮闘しています。

異業種が多々参入している医療機器開発現場

異業種が多々参入している医療機器開発現場 近年、医療機器開発の分野で異業種の参入が急速に加速しています。日本を代表する家電メーカーとして名高い東芝も自社内に医療機器開発部門を構えており、赤血球の磁性体を活用した斬新な血管撮影システムを開発して大いに話題になりました。松下電器もヘルスケア社を社内分社化し、家庭内で重宝するIT系のデジタル医療機器の開発を進めています。多くの医療機器開発メーカーは、柔軟な発想力を持つ人材を求めています。必ずしも医学の知識に精通している必要はないので、フリーで活動しているエンジニアでも仕事に携われるチャンスは十分にあります。 続きを見る

医者に左右されない医療機器開発を

医者に左右されない医療機器開発を 近年の科学技術の急激な進歩により、医療機器も高速かつ高性能化しており、それに伴って名医の腕に頼らなくても安全で確実な治療行為を行うことが出来るように医療現場が変わりつつあります。難しい診断を下す際にも、手術の現場にも、これまでの膨大な知識や経験の集積から生まれたコンピュータの活躍する部分が増えています。そのような医療のオートメーション化の流れの一方で、人である医師にしかできないような診療行為というものも依然として残されるのであり、両者の能力を最大限に引き出すような棲み分けが、今後のさらなる医療の進展につながると言えるでしょう。 続きを見る

医療機器開発のやりがい

医療機器開発のやりがい 医療機器開発においてエンジニアは、医師や看護師などの医療スタッフから臨床現場におけるニーズを聞き取って、それに応じた開発や改良を設計し提案します。一度医療機器を導入すればアフターサービスとしてのメンテナンスは欠かせませんし、現場からのフィードバックを直接受け取ることが出来るため、やりがいは大きいと言えます。医療は国家予算や政策に左右される面が否めませんが、これだけ高度化した医療機器が医療現場で普及しているのですから、エンジニアの需要が途絶えることはないでしょう。サービスエンジニアから自らの強みを磨いて、セールスへとキャリアをつなぐ道もあります。 続きを見る

おすすめ記事ピックアップ

医者に左右されない医療機器開発を

医者に左右されない医療機器開発を 現在の医療では、医師の腕や知識、熟練度によって、患者が受ける医療レベルに差が出てしまうのが実情です。しかし、医療機器開発の進歩によって、従来ごく一部の神がかり的な技術を持つ医師にしかできないとされた繊細な手術を他の医師でもできるような機械ができるなど、医療現場全体が大きな発展を遂げようとしています。今後はロボット工業や人工知能なども医療現場に投入されることになるでしょう。

フリーエンジニアの医療画像処理アプリ開発案件

フリーエンジニアの医療画像処理アプリ開発案件 短時間で膨大な画像の処理を可能とするCell/B.E.を医療分野におけるCT、MRIなどの画像処理に応用することにより、医療機器の高性能化を実現するプロジェクトの概要と、実際に参加したフリーエンジニアの体験談を紹介します。高水準での品質確保と、さらなる品質向上に向けてエンジニアたちの徹底したこだわりと苦労が垣間見える、興味深い体験談です。

医療系でフリーエンジニアが活躍するには?

医療系でフリーエンジニアが活躍するには? 医療現場が抱える課題解決と医療の再生には、ITの力が不可欠となっています。IT技術に寄せられる期待値は無限であり、エンジニア冥利に尽きる仕事ができる分野ともいえるでしょう。医療分野のIT化促進において活躍が期待される、医療情報技師の価値にも注目が集まっています。現在有資格者は8,000人以上ですが今後ますます増えてくることが予想されます。

TOP

Copyright © 2015 フリーエンジニアが語る医療機器開発現場 All Rights Reserved.