フリーエンジニア向け医療機器開発案件の探し方を紹介します

フリーエンジニアが語る医療機器開発現場

最新の記事

  • 医療機器業界の将来性 医療機器業界の将来性

    2020年には40兆円ほどの市場規模にも成長するといわれる医療機器業界は、ここ数年で多くの異業種企業も参入している大注目の分野です。健康に対する人間の欲求は尽きることがありません。

  • 異業種が多々参入している医療機器開発現場 異業種が多々参入している医療機器開発現場

    東芝、松下など、大手家電メーカーを始めとし、あらゆる業種の企業が医療機器開発へ参入しています。医療知識に限定せず、ITスキルと発想力に長けるエンジニアの需要はますます増えることが期待できます。

  • フリーエンジニアの診療予約システム開発案件 フリーエンジニアの診療予約システム開発案件

    診療予約システム開発は多くの病院が抱える課題解決に期待される分野で、待ち時間の短縮と同時に医療事務従事者の負担を軽減するものでもあります。医療現場の実情をよく理解したシステムが求められることになるでしょう。

フリーエンジニアのための医療系案件

医療系案件の探し方

フリーエンジニアの悩み

フリーエンジニアとして独立して一番最初に悩むことといったら安定した案件の確保ではないでしょうか。案件が無ければお金は入ってきませんし、お金が無ければ生きていけません。エンジニアとして以前に人として最低限の暮らしをするために、安定した案件の確保は外せない問題です。案件を探す方法はいくつかありますが、ここではエンジニアらしくWebを使った医療系案件の探し方についてご紹介します。

Webで探す①「レバテックフリーランス」

フリーになれば案件の金額がそのまま所得に直結します。そのため、できるだけ高額な案件を継続して受注できるようになりたいものです。そこでオススメなのが、レバテックフリーランスです。

レバレジーズフリーランス レバテックフリーランスでは、専門のコーディネーターがフリーエンジニアのためにしっかりサポートしてくれます。

クライアントには医療系の大手企業も多数あり、高額案件が狙えるのもオススメのポイントです。

Webで探す②「案件ナビ」

次にオススメなのが、案件ナビです。プロのカウンセラーが自分に合った案件を探してくれるサービスを提供しています。会員登録も30秒でできるなど最初にハードルが低いのも特徴です。

案件ナビ 案件ナビは、日本全国からタイムリーに案件が集まるので、旬な医療系案件に出会うことができるでしょう。

また、都内から地方へ、その逆など引っ越しも兼ねてフリーエンジニアに転身しようとする人にも結果が期待できるサイトです。

Webで探す③「お仕事市場」

Web系に強いお仕事市場もオススメです。

お仕事市場 お仕事市場は、たくさんのプログラミング言語から得意のものを選択し、そこから求人情報が探せるのでプログラミングを主とするフリーエンジニアにもってこいです。

エージェントを活用しよう

上記に挙げたサイトなどで希望の条件から求人情報を探すのも良いのですが、時間の無いフリーエンジニアは、エージェントのサービスを活用することも検討してみてください。登録時に面接で得意分野やスキルなどを伝えておくだけでピッタリのクライアントを紹介してくれます。最新の動向なども教えてもらえるのでフリーで活動する上で貴重な情報を得ることもできるでしょう。何より、自分で求人を探したりアポイントを取ったりという作業に時間をとられないのが嬉しいことです。フリーエンジニアであればなかなかそういうことに時間が取れないことも多いですから、医療系案件を探すなら頼りになる存在になるでしょう。

おすすめ記事ピックアップ

医者に左右されない医療機器開発を

医者に左右されない医療機器開発を 現在の医療では、医師の腕や知識、熟練度によって、患者が受ける医療レベルに差が出てしまうのが実情です。しかし、医療機器開発の進歩によって、従来ごく一部の神がかり的な技術を持つ医師にしかできないとされた繊細な手術を他の医師でもできるような機械ができるなど、医療現場全体が大きな発展を遂げようとしています。今後はロボット工業や人工知能なども医療現場に投入されることになるでしょう。

フリーエンジニアの医療画像処理アプリ開発案件

フリーエンジニアの医療画像処理アプリ開発案件 短時間で膨大な画像の処理を可能とするCell/B.E.を医療分野におけるCT、MRIなどの画像処理に応用することにより、医療機器の高性能化を実現するプロジェクトの概要と、実際に参加したフリーエンジニアの体験談を紹介します。高水準での品質確保と、さらなる品質向上に向けてエンジニアたちの徹底したこだわりと苦労が垣間見える、興味深い体験談です。

医療系でフリーエンジニアが活躍するには?

医療系でフリーエンジニアが活躍するには? 医療現場が抱える課題解決と医療の再生には、ITの力が不可欠となっています。IT技術に寄せられる期待値は無限であり、エンジニア冥利に尽きる仕事ができる分野ともいえるでしょう。医療分野のIT化促進において活躍が期待される、医療情報技師の価値にも注目が集まっています。現在有資格者は8,000人以上ですが今後ますます増えてくることが予想されます。

TOP

Copyright © 2015 フリーエンジニアが語る医療機器開発現場 All Rights Reserved.