医療機器開発の中でもフリーエンジニアが注目したいのは、診療予約システム開発案件

フリーエンジニアが語る医療機器開発現場

最新の記事

  • 医療機器業界の将来性 医療機器業界の将来性

    2020年には40兆円ほどの市場規模にも成長するといわれる医療機器業界は、ここ数年で多くの異業種企業も参入している大注目の分野です。健康に対する人間の欲求は尽きることがありません。

  • 異業種が多々参入している医療機器開発現場 異業種が多々参入している医療機器開発現場

    東芝、松下など、大手家電メーカーを始めとし、あらゆる業種の企業が医療機器開発へ参入しています。医療知識に限定せず、ITスキルと発想力に長けるエンジニアの需要はますます増えることが期待できます。

  • フリーエンジニアの診療予約システム開発案件 フリーエンジニアの診療予約システム開発案件

    診療予約システム開発は多くの病院が抱える課題解決に期待される分野で、待ち時間の短縮と同時に医療事務従事者の負担を軽減するものでもあります。医療現場の実情をよく理解したシステムが求められることになるでしょう。

フリーエンジニアのための医療系案件

フリーエンジニアの診療予約システム開発案件

診療前の長蛇の列

年を取ると誰もが、あちこちが悪くなって一日病院巡りをするという羽目に陥ります。そんなときに疲労を一層増幅させるのが、診療前の待ち時間です。緊急性の無い場合であればよいのですが、突発的な痛みに耐えながら病院の待合室でいつ果てるともなく診療を待ち続けるというのは、いかにも堪えます。「病院で病気をうつされる」などということも、笑いごとではありません。そこで病院としても予約制を採用し、お互いに無駄の無い診療を目指したいところなのですが、電話予約ではそううまくは行きません。電話の回線が一本であれば、予約の電話でほとんど鳴りっ放しになりかねません。更に受付窓口での予約も含めて、予約だけの為に忙殺されてしまい、その他の事務作業や会計処理などの人手を確保するために雇用を増やさざるを得なくなってしまいます。

診療予約のシステム化

そこで近年はIT化の流れに乗って、診療予約をシステム化する動きが出ています。レストランやホテルの予約のように、ネット予約に慣れた人は着実に増えています。一方の病院側としても、医療事務のシステム化により事務作業がパソコン上で済ませられる環境にあり、これに予約システムを上乗せしても、何ら問題ありません。しかし、あくまで費用対効果を考えた上でメリットが無ければ意味が無いため、操作が難しくて使えないようでは困ります。

システム導入の分岐点

つまり電話や受付窓口で手を塞がれる分を、画面上で手早く処理出来て初めてシステム化のメリットがあるのであり、まず第一に普通の人にとって使いやすいソフトウェアであるということが求められるのです。また、そのシステムが、これまでの自分たちのやり方とかけ離れていては、使いにくいと感じてしまいます。考えてみれば、一冊のノートに日付と時間帯を順番に記載しておき、診療可能な時間のうち、同じ枠には一定数以内に限るというルールに従って、希望の日時に誤りなく名前を書き込んで行くことができれば、予約は済んでしまうのです。従って本来これだけ単純な作業のはずであるのにもかかわらず、それ以上に入力に手間取るようでは困るのです。受付には様々な人が訪れるのであり、その応対には丁寧に時間を掛けなければならない場合も少なくありません。そして患者のカルテも、診療が終われば逐一専用のシステムに入力して、確実に蓄積して行かなければなりません。現在では薬局を院内に置かずに診療のみを行い、処方箋を渡して外の薬局で薬を受け取るようになっている病院も増えていますが、診療報酬も複雑で、医療業務に従事する人の事務作業は増えるばかりです。その中で待合室の混雑解消に一役買うのが、診療予約システムなのです。

おすすめ記事ピックアップ

医者に左右されない医療機器開発を

医者に左右されない医療機器開発を 現在の医療では、医師の腕や知識、熟練度によって、患者が受ける医療レベルに差が出てしまうのが実情です。しかし、医療機器開発の進歩によって、従来ごく一部の神がかり的な技術を持つ医師にしかできないとされた繊細な手術を他の医師でもできるような機械ができるなど、医療現場全体が大きな発展を遂げようとしています。今後はロボット工業や人工知能なども医療現場に投入されることになるでしょう。

フリーエンジニアの医療画像処理アプリ開発案件

フリーエンジニアの医療画像処理アプリ開発案件 短時間で膨大な画像の処理を可能とするCell/B.E.を医療分野におけるCT、MRIなどの画像処理に応用することにより、医療機器の高性能化を実現するプロジェクトの概要と、実際に参加したフリーエンジニアの体験談を紹介します。高水準での品質確保と、さらなる品質向上に向けてエンジニアたちの徹底したこだわりと苦労が垣間見える、興味深い体験談です。

医療系でフリーエンジニアが活躍するには?

医療系でフリーエンジニアが活躍するには? 医療現場が抱える課題解決と医療の再生には、ITの力が不可欠となっています。IT技術に寄せられる期待値は無限であり、エンジニア冥利に尽きる仕事ができる分野ともいえるでしょう。医療分野のIT化促進において活躍が期待される、医療情報技師の価値にも注目が集まっています。現在有資格者は8,000人以上ですが今後ますます増えてくることが予想されます。

TOP

Copyright © 2015 フリーエンジニアが語る医療機器開発現場 All Rights Reserved.